Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

江東区健康スポーツ公社のサイトが改ざん、閲覧でウイルス感染の可能性

江東区健康スポーツ公社のサイトの一部ページが改ざんされ、閲覧した場合にウイルスへ感染するおそれがあったことがわかった。

改ざんされたのは、公社サイトのトップページや江東区スポーツ会館のトップページ。11月14日未明ごろに改ざんされ、不正なスクリプトが埋め込まれたもので、サイトを停止した同日18時までの間に対象ページを閲覧した場合、ウイルスに感染するおそれがあったという。

ウェブサイトの脆弱性に対する攻撃が原因で、同社では対策を実施したうえで、11月25日にサイトを再開した。今回の改ざんについて謝罪し、心当たりがある利用者にウイルスへ感染していないか確認するよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/12/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪
ギフトサービスで不正ログイン被害 - 29件の不正決済