Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

政府関連サイトにサイバー攻撃 - 中国サイトに攻撃呼びかける書き込み

9月17日から翌18日にかけて国内政府機関のウェブサイトにサイバー攻撃があり、一時的に閲覧しにくい状態が発生した。

今回のサイバー攻撃は、中国国内において満州事変80周年にあたる9月18日に、日本の政府機関に対する攻撃を呼びかける書き込みが、中国国内のチャットサイトなどを通じて行われたことが原因だと見られている。

警察庁によれば、攻撃対象とされた人事院や政府インターネットテレビ、政府公報オンラインで、9月17日から翌18日にかけて一時つながりにくい状態が発生した。

また検索サイト「百度」の掲示板では、金融機関や教育機関など複数民間事業者も攻撃対象に挙げられており、一部で改ざん被害が生じたという。

警察庁では、ウェブサイトの監視体制を強化し、関連情報の収集を進めている。また関連する政府機関に対して注意を呼びかけるとともに、被害を受けた事業者へ助言などを行っている。

(Security NEXT - 2011/09/20 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバがランサム被害、データが暗号化 - 日本テレビHD子会社
海外法人がランサム被害、出荷に影響はなし - アルプスアルパイン
実証実験サービスのサーバに攻撃、一部従業員情報が流出 - リクルート
東京海上Gの顧客情報が流出した可能性 - 損査業務には影響なし
JAXAに不正アクセス - 攻撃起点はVPN、未知マルウェアも
日米豪など8カ国が共同署名 - 中国関与の「APT40」へ対抗
髙野総合Gへのランサム攻撃 - 通信機器の設定ミスに起因か
症例情報登録システムがランサム被害、症例情報一時利用できず - 量研
サイバー攻撃で情報流出の可能性、サーバは復旧済み - フジ日本精糖子会社
子会社にサイバー攻撃、製品供給に影響なし - J-MAX