Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

講演会の受付名簿を紛失、参加者の特定は困難 - 八重洲ブックセンター

八重洲ブックセンターは、本店で開催した講演会に参加した81人の個人情報含む受付名簿を紛失したと発表した。

紛失したのは、9月12日に本店で開催した浜矩子氏による講演会の受付名簿。来場者81人の氏名および電話番号が記載されていた。受付担当者が目を離した隙に、クリアファイルに挟まれた状態のまま紛失した。

講演会の関係者へ事態を報告し、所管する経済産業省へ届けたが、参加者については事前申込書などをすでに廃棄しており、連絡先が残っていないことから、対象者の特定は困難だという。

(Security NEXT - 2011/09/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

学生の個人情報含む可能性があるUSBメモリを紛失 - 東京都立大
患者情報含む私物PC、電車へ置き忘れ紛失 - 順天堂医院
業務端末を置き忘れて紛失、個人情報は内部メールのみ - 名古屋電機工業
顧客情報が記載された伝票綴りが所在不明 - 栃木銀
高齢者免許証返納支援事業で個人情報が所在不明 - 福岡県
病名など患者の個人情報含むデジカメを紛失 - 大阪南医療センター
高校で指導要録を紛失、誤廃棄の可能性 - 三重県
顧客情報含むクレカ審査資料を紛失 - 中国電力
疾病関係の行政文書が所在不明、廃棄前の引き継ぎで判明 - 奈良県
昨年12月に判明した個人情報紛失を公表 - 協会けんぽ