Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ホームレス自立支援施設入所者の個人情報を誤ってアップロード - 名古屋市委託先

名古屋市のホームレス自立支援施設に入所していた1284人の個人情報が、2年以上にわたりインターネット上で閲覧可能だったことがわかった。

ネット上に公開されていたのは、同市中区所在のホームレス緊急一時宿泊施設「名城公園宿泊所」に、2004年5月10日から2009年5月9日までの間に入所した1284人の氏名、性別、部屋番号など。

8月24日に元入所者の親族から連絡があり判明したもので、2009年5月9日ごろから指摘を受けた2011年8月24日までインターネット上で閲覧できる状態だった。

同市によれば、施設の運営を委託している有隣協会の職員が、2009年5月から7月にかけてホームページを作成する際、宿泊所と協会本部の間でデータのやり取りするためにホームページ作成ソフトを使用。

入所者名簿のやりとりについても同ソフトを利用したが、職員はデータがインターネット上に公開され、検索エンジンに登録されるおそれがあることを認識していなかったという。

同協会では判明後データの削除を実施。対象者への謝罪を行っている。同市では個人情報の適正管理について指導を徹底する。

(Security NEXT - 2011/09/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

大学院入試問題や個人情報が学内クラウドで閲覧可能に - 琉球大学
外部サイトで公表した資料に個人情報 - 名古屋大
問合フォームより入力された顧客情報が閲覧可能に - 休暇のプランニングサービス
個人情報含む研修資料を配布、グラフ作成時にミス - 大阪府
学生の個人情報がネット上で閲覧可能に、委託事業者の不備で - 徳島大
保育所でメール誤送信、保護者メアドが流出 - 守谷市
提供した資料のマスキング部分が閲覧可能に - 東京都
離婚講座の申込者情報が本人以外から閲覧可能に、設定ミスで - 目黒区
「起業家育成事業」に申し込んだ中学生生徒の個人情報が閲覧可能に - 名古屋市
メール通知サービスで個人情報が閲覧できる脆弱性 - 第一生命