Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

キヤノン複合プリンタで「Mac OS X Lion」利用時にログインできなくなるおそれ

キヤノンは、「Mac OS X 10.7 Lion」環境で非対応のプリンタドライバを利用した場合、ログインできなくなるおそれがあると発表した。同社では不具合へ対応する暫定版ドライバを公開している。

「Mac OS X 10.7 Lion」環境で、オフィス向け複合機の「Mac OS X 10.6 Snow Leopard」向けのプリンタドライバやファックスドライバを使用した場合、エラーログが過度に出力され、ハードディスク容量を消費し、ログインできなくなる可能性があるという。

影響があるドライバは、「Canon PS Printer Driver & Utilities for Macintosh」「Mac CARPS2 Printer Driver」「Canon Fax Driver for Macintosh」の一部バージョン。

同社は、不具合へ対応した暫定版ドライバを公開しており、正式に対応したドライバーは11月ごろにリリースする予定。

(Security NEXT - 2011/08/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

認証システムの個人情報が外部閲覧可能に - 京大
新型コロナ拡大防止協力金申請者情報が流出 - 神奈川県
アクセス集中で不具合、会員情報が流出 - サッポロビール
大会申込フォームに不具合、個人情報が閲覧可能に - 日本学生相談学会
政府行政ポータル「e-Gov」で個人情報が流出 - リニューアル後に複数不具合
福島県立医大付属病院で2度のランサムウェア被害
名刺交換機能に不具合、名刺情報が流出 - 東京ビッグサイト
電子お薬手帳サービス「おくすり手帳Link」で一時障害
LINEで意図に反する大量の「グループ招待」「友だち追加」 - バグ検証から拡大か
「WordPress 5.5.2」がリリース - セキュリティ関連で10件の修正