Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

日本MS、緊急2件含む13件の月例パッチを公開予定

日本マイクロソフトは、8月の月例セキュリティ更新プログラムとして、深刻度「緊急」2件を含む13件を8月10日に公開する予定だ。

深刻度がもっとも高い「緊急」とされているのは、「Windows」や「Windows Server」の問題を修正するプログラム。脆弱性が悪用された場合、リモートでコードを実行されるおそれがある。

残りのプログラムは、深刻度「重要」が9件、「警告」が2件。「Windows」や「Office」「.NET Framework」のほか、開発ツールの脆弱性を解消するとしている。

(Security NEXT - 2011/08/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

PHPテンプレートエンジン「Twig」に脆弱性 - 「Drupal」にも影響
「Exchange Server」にゼロデイ攻撃 - アップデートは準備中、緩和策の実施を
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを
「PHP 8.1.11/7.4.32」が公開に - 複数の脆弱性を解消
WAFルールセット「OWASP CRS」に深刻な脆弱性 - 「ModSecurity」とあわせて更新を
モジュール型WAF「ModSecurity」がアップデート - セキュリティ上の複数問題へ対処
Google、「Chrome 106」をリリース - セキュリティ関連で20件の修正
XMLパーサーのライブラリ「libexpat」に深刻な脆弱性