Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で停止した「行政情報検索システム」を再開 - さいたま市

さいたま市は、個人情報を誤って公開していたとして1月25日に一時停止した「行政情報検索システム」の提供を再開した。

「行政情報検索システム」は、文書名などから同市の行政情報を検索できる行政サービス。公開用件名に本来非公開である個人情報157件や法人情報13件が含まれていることが1月に判明し、急遽サービスを停止した。

同システムには、240万件の行政情報が登録されており、同市では確認を行っていたが、作業が完了したとして再開したという。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サーバ3台がランサムウェア被害 - 岡野バルブ製造
ワクチン接種券付き予診票を誤送付 - 大阪市
授業料納入通知書を誤送付、送付先データの作成ミスで - 高知県立大
生活保護関係書類で誤印字、別世帯の個人情報 - 神戸市
公文書閲覧システムに個人情報を誤掲載 - 埼玉県
「Salesforce」設定不備で顧客情報に外部アクセス - 静岡銀
ファイル送受信機器にゼロデイ攻撃、情報流出の可能性 - 内閣府
通販サイト「ゆとりの空間」、クレカ情報も被害
個人情報含む文書ファイルの紛失2件が判明 - 住宅金融支援機構
新コロ受入医療機関へのメールを送信ミス、返信でさらなる誤送信 - 大阪府