Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

個人情報流出で停止した「行政情報検索システム」を再開 - さいたま市

さいたま市は、個人情報を誤って公開していたとして1月25日に一時停止した「行政情報検索システム」の提供を再開した。

「行政情報検索システム」は、文書名などから同市の行政情報を検索できる行政サービス。公開用件名に本来非公開である個人情報157件や法人情報13件が含まれていることが1月に判明し、急遽サービスを停止した。

同システムには、240万件の行政情報が登録されており、同市では確認を行っていたが、作業が完了したとして再開したという。

(Security NEXT - 2011/07/29 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
地ビール通販サイトに不正アクセス - 偽画面でクレカ情報窃取被害
データ削除済みの旧通販サイトに対する不正アクセスが判明 - ニッスイ関連会社
保育所待機者の個人情報をサイトに誤掲載 - 茅ヶ崎市
マルウェアに感染でなりすましメール - 浄水器販売会社
新コロ患者情報をサイトに誤掲載、複合機でデータ取り違え - 神戸市
VPNアカウント流出、内部侵入は否定 - 平田機工
保険証券システムで他契約者情報が閲覧可能 - 日本ワイド少額短期保険
案内メール誤送信でメアド流出 - 広島学院
寝具通販サイトに不正アクセス - 情報流出の可能性