Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

NTTソフト、メール誤送信対策製品に添付ファイルチェック機能を追加

NTTソフトウェアは、メールの誤送信対策ソリューション「CipherCraft/Mail」の最新版を販売開始した。

CipherCraft/Mail
利用イメージ(図:NTTソフトウェア)

同製品は、メール誤送信防止機能やメール暗号化機能、一時保留機能など必要に応じて導入できるメールセキュリティソリューション。クライアントPCにインストールする「クライアントタイプ」と、プロキシサーバとして動作する「サーバタイプ」を用意している。

最新版では、事前にキーワードを設定し、メールの添付ファイル内に含まれていないか確認する「添付ファイル内検索機能」を両タイプのオプションとして追加した。

同オプションでは、メールに添付された「Officeファイル」と「PDFファイル」の全文を検索。キーワードが見つかった場合、再確認を促す警告画面を表示、再度確認を行って送信することができる。

(Security NEXT - 2011/07/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ