Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑登録申請書など保存期限内の文書など約9000件誤廃棄 - 港区

東京都港区の麻布地区総合支所において、印鑑登録申請書など個人情報含む文書1万1146件を、保存期限内に誤って廃棄していたことがわかった。

誤廃棄されたのは、2009年度分の印鑑登録証明書交付申請書5715件、印鑑登録申請書2934件、および2010年度分の住民基本台帳カード交付請求書の写し493件など含む16種の文書。

6月22日に印鑑登録申請書の交付請求があり、保管場所を捜したが見つからなかった。文書廃棄を担当した職員への事情聴取を行った結果、誤廃棄が判明。同申請書以外にも誤廃棄があったことがわかった。

同区では、文書の適切な管理に関する作業マニュアルを早急に作成するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

複数病院の患者情報含むPCを紛失 - 千葉県
マイナンバーなど個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 前橋市まちづくり公社
飲食店で患者情報を鞄ごと紛失 - 総合メディカル
患者情報含む私物USBメモリを紛失 - 広島大病院
小学校で児童の名簿や写真が所在不明に - 大阪市
生活保護受給者の個人情報含むノートを紛失 - 大阪市
健康状態など緊急患者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 江戸川病院
事務所移転時に健診予約者情報含むPCを紛失
ATM7カ所で取引内容を記録したメディアが所在不明 - 島根銀
個人情報関連ミス、12月前後の1カ月で17件 - 大阪市