Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

印鑑登録申請書など保存期限内の文書など約9000件誤廃棄 - 港区

東京都港区の麻布地区総合支所において、印鑑登録申請書など個人情報含む文書1万1146件を、保存期限内に誤って廃棄していたことがわかった。

誤廃棄されたのは、2009年度分の印鑑登録証明書交付申請書5715件、印鑑登録申請書2934件、および2010年度分の住民基本台帳カード交付請求書の写し493件など含む16種の文書。

6月22日に印鑑登録申請書の交付請求があり、保管場所を捜したが見つからなかった。文書廃棄を担当した職員への事情聴取を行った結果、誤廃棄が判明。同申請書以外にも誤廃棄があったことがわかった。

同区では、文書の適切な管理に関する作業マニュアルを早急に作成するなど、再発防止に努めるとしている。

(Security NEXT - 2011/07/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測