Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

深刻な脆弱性を解消する「Flash Player」アップデートが公開に - 脆弱性を悪用する動きも

Adobe Systemsは、「Adobe Flash Player」の深刻な脆弱性を解消したアップデートを公開した。

「Adobe Flash Player 10.2.159.1」および以前のバージョンに含まれる深刻な脆弱性が判明し、対応したもので、 Windows、Mac、Linux、Solarisなど幅広いプラットフォーム向けにアップデートを提供している。

またAndroid端末向けに提供されている「同10.2.157.51」や、Googleが提供するブラウザ「Chrome」向けの「同10.2.154.28」、およびこれら以前のバージョンについても脆弱性の影響を受ける。

今回のアップデートでは、あわせて11件の脆弱性を修正しているが、脆弱性が悪用された場合、アプリケーションがクラッシュし、システムの制御が奪われる可能性がある。

今回のアップデートで修正された脆弱性「CVE-2011-0627」については、Windowsユーザーを狙った悪用が確認されており、「swfファイル」を埋め込んだ「Wordファイル」や「Excelファイル」がメールの添付ファイルとして流通しているという。

同社は、報告を受けたゼロデイ攻撃について、入手したサンプルについては、攻撃が完全に成功するものではなかったと説明している。

(Security NEXT - 2011/05/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

監視ツール「Nagios XI」に複数脆弱性、アップデートを - PoC公開済み
「HPE iMC」に深刻な脆弱性 - CVSS値「9.8」が41件
DNSサーバ「PowerDNS Recursor」にサービス拒否の脆弱性
バックアップソフト「Macrium Reflect」に権限昇格の脆弱性
WP向けダウンロード監視プラグインに脆弱性
「Firefox 82」が登場 - 脆弱性7件に対応
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、定例パッチで402件の脆弱性に対処 - CVSS基本値「9.0」以上が82件
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表