Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

振込依頼書の誤印字で聴講生の個人情報が流出 - 大阪市の高校

大阪市立中央高校が聴講生へ郵送した振込依頼書に、誤って在校生の個人情報が印字されていたことがわかった。

誤印字されていたのは、4月4日に聴講生151人あてに郵送された諸費の振込依頼書。氏名と振込金額については正しいデータが印字されていたが、住所と電話番号は在校生のものが印字されており、在校生151人のデータが流出した。

同校の教職員が聴講生のデータを印字するため、在校生の一覧表を活用してデータを上書きし、それをもとに振込依頼書を印刷。各聴講生があらかじめ自分の氏名と住所を記入した封筒に入れて発送したという。

5日に複数の聴講生から指摘があり、判明した。同校では対象となる聴講生および在校生に対し、説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2011/04/12 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

高齢者世帯実態調査の一部調査票に別人情報 - 志木市
通知裏面に別人の健診結果、印刷操作ミスで - 宮城県
印字プログラム不具合で書類に別会員の口座情報 - 歯科コンサル会社
サイバー攻撃で注文情報が消失や流出の可能性 - キンコーズ
歯科健診受診票に別人の被保険者番号、そのまま活用 - 千葉市
患者に開示した文書に第三者の個人情報 - 姫路赤十字病院
他人領収証を誤送付、寄付急増によるフロー変更でトラブル - 国連UNHCR協会
重石ずれて廃棄書類がトラック運搬中に飛散 - 阿賀町
特別給付金申請書に別世帯の個人情報 - 豊田市
個人向け通販「LOHACO」で不具合 - 発送メールなどに他人の個人情報