Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

暗号化やキー管理機能なども備えたクラウド管理ツール「enStratus」が提供開始

クリエーションラインは、クラウド上でセキュアなプラットフォームを構築する米enStratus Networks製クラウドソリューション「enStratus」の提供を開始した。

同製品は、「Amazon Web Services」をはじめとするパブリッククラウドやプライベートクラウド上において、ガバナンス機能を備えるクラウド環境を提供するソリューション。

パブリックやプライベートクラウドの管理が可能で、クラウド上のデータを暗号化し、アクセスキーを管理できるほか、ユーザー権限の管理、自動でバックアップやリカバリ、スケールアップなどが行える。

サービスの提供体系は、SaaS型サービスやソフトウェアによる提供、物理ノード数をベースにした料金方式など複数用意している。

(Security NEXT - 2011/03/31 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

A10、「ACOS 5.2.1」をリリース - DNSクエリの保護機能など追加
パロアルト、「Prisma Access」の新版を提供開始
「Okta Access Gateway」にコマンドインジェクションの脆弱性
セキュ担当者の6割強が「ゼロトラスト」を理解していると回答
凸版印刷とNICT、「耐量子 - 公開鍵暗号」の技術確立で共同研究
SMBC信託銀のクラウド設定ミス、暗号化暗証番号が平文で閲覧も
組織が利用するIPアドレスを可視化するサービス - ラック
三菱電機への不正アクセス、中国子会社での窃取情報を起点に攻撃展開
【特別企画】予算や人材不足の中小企業でもあきらめない! - マルウェア被害の縮小化
パブリッククラウドのセキュ診断サービス - イエラエ