Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メールの添付ファイル自動暗号化ソフトの最新版 - HDE

HDEは、メールの添付ファイルをゲートウェイで暗号化できるソフトウェアの最新版「HDE Secure Mail 3.1 for ZIP」を、2月28日より提供開始する。

同ソフトは、メールの添付ファイルをパスワードをかけたZIPファイルへ自動変換できるソフトウェア。ランダムなパスワードと固定パスワードの使い分けが可能。また暗号化しないファイルの指定や、複数の添付ファイルを1つの暗号化ファイルにまとめることもできる。

最新版では、Red Hat Enterprise Linux 6に対応。このほか、Microsoft Exchange Server 2010およびOutlook 2010での動作検証も行った。価格は、100ユーザー版で105万円から。

(Security NEXT - 2011/02/24 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

MS 365の保護ソリューション、カレンダーにも対応 - エフセキュア
一般企業向けに「MS 365」のメールセキュ対策を展開 - Vade Secure
メール宛先ミスを機械学習で検知するオプション - NTT-TX
トレンド、SaaS型のメールセキュリティサービス - URLのサンドボックス解析に対応
ランサムウェア「GandCrab」の復号ツールが機能強化 - 最新版にも対応
Outlook向けにメール誤送信対策ツール - パナソニック
メールの誤送信対策をクラウドで提供 - 富士通BSC
メールの添付ファイルやURLの開封環境を分離するソリューション - マクニカネット
メールボックスの振る舞いを機械学習するフィッシング対策ソリューション
不正接続のブロックやメール暗号化など搭載したアプライアンス - サクサ