Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にサービス拒否の深刻な脆弱性 - 「同9.7.3」へのアップデートを

DNSサーバ「BIND 9」において深刻な脆弱性が見つかった。リモートでDoS攻撃を受ける可能性があるという。

影響を受けるのは、「同9.7.2-P3」および「同9.7.1」までの以前のバージョン。ゾーン情報の更新に「IXFR」による差分ゾーン転送や「Dynamic Update」を使用している場合、実装上の問題から特定のタイミングでDNSリクエストを受信すると、処理が停止する可能性がある。

今回見つかった脆弱性は、「BIND 9.7.3」へアップデートすることにより解消することができる。またマルチスレッド機能を無効にするなど、緩和策も公表されている。

開発元であるISCや「jpドメイン」を管理運営する日本レジストリサービス(JPRS)では、深刻度が高い脆弱性であるとして、アップデートの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Apache HTTP Server」のゼロデイ脆弱性、国内でも攻撃を観測
わずか3日、「Apache HTTPD」が再修正 - 前回修正は不十分、RCEのおそれも
Citrix、脆弱性問題で無償の侵害調査ツール公開 - FireEyeと共同開発
米政府、中国関与のサイバー攻撃者が悪用する脆弱性のリストを公開 - 国内製品も
「Exchange Server」ゼロデイ脆弱性、緩和策も刻々変化
Chrome、前回リリースから3日で再度アップデート - 3件のセキュリティ修正
バッファロー29製品に脆弱性、「FREESPOT」機器も - アップデートの実施を
「Apache Tomcat」に情報漏洩の脆弱性 - 4月のアップデートで修正済み
「WhatsApp」に深刻な脆弱性 - ビデオ通話でコード実行のおそれ
Zohoのアクセス管理製品にあらたな脆弱性 - 6月判明の脆弱性はすでに攻撃対象