Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「BIND 9」にサービス拒否の深刻な脆弱性 - 「同9.7.3」へのアップデートを

DNSサーバ「BIND 9」において深刻な脆弱性が見つかった。リモートでDoS攻撃を受ける可能性があるという。

影響を受けるのは、「同9.7.2-P3」および「同9.7.1」までの以前のバージョン。ゾーン情報の更新に「IXFR」による差分ゾーン転送や「Dynamic Update」を使用している場合、実装上の問題から特定のタイミングでDNSリクエストを受信すると、処理が停止する可能性がある。

今回見つかった脆弱性は、「BIND 9.7.3」へアップデートすることにより解消することができる。またマルチスレッド機能を無効にするなど、緩和策も公表されている。

開発元であるISCや「jpドメイン」を管理運営する日本レジストリサービス(JPRS)では、深刻度が高い脆弱性であるとして、アップデートの適用など対策を呼びかけている。

(Security NEXT - 2011/02/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ライブラリ「libuv」にSSRFの脆弱性 - アップデートで解消
「VMware拡張認証プラグイン」に脆弱性 - 削除か無効化を
エレコム製の複数無線「LAN」ルータに3件の脆弱性
GitLab、アップデートで4件の脆弱性を修正
「GitLab」に月例セキュリティリリース - 深刻な脆弱性を解消
「GitHub Enterprise Server」に10件の脆弱性 - アップデートで修正
「ClamAV」にアップデート - 脆弱性2件を解消
Palo Altoの「PAN-OS」に5件の脆弱性 - アップデートにて修正
「Ghostscript」旧版に「クリティカル」とされる脆弱性
「Node.js」にセキュリティアップデート - 複数脆弱性を修正