Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

11月はフィッシング報告件数が倍増 - フィッシング対策協議会まとめ

フィッシング対策協議会は、11月に同協議会が報告を受けたフィッシング件数について取りまとめた。前月から倍増している。

11月のフィッシングの報告件数は、前月の24件からほぼ倍増して47件だった。フィッシングサイトに用いられたユニークなURLの件数についても23件から46件へと大幅に増加している。

一方、ブランドが悪用された企業は、前月から横ばいの6件。有名カードブランドを装ったフィッシング攻撃が発生しており、特に「MasterCard」のフィッシング攻撃が11月中旬より増加しているという。

また日本語によるフィッシングメールやゲームサイトを装った攻撃も確認されているとして、同協議会では、誤って個人情報を送信しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/12/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加
4割弱の中小企業、改正個情法の内容「知らない」 - 4社に3社は漏洩報告義務把握せず
6月のフィッシングサイト、過去最多を大幅更新 - 同一IPアドレス上で多数稼働