Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

前月からフィッシング件数は微減、特定ブランドへの攻撃が強まる

RSAセキュリティは、10月に同社が検知したフィッシング攻撃の状況をとりまとめた。

同社によれば10月は、9月の1万6274件から減少して1万6047件だった。以前は犯罪グループ「Rock Phish」による「fast-flux型攻撃」が、フィッシング攻撃において大きな割合を占めていたが、7月以降4カ月連続で同攻撃は確認されていないという。

10月に悪用されたブランドは、前月に引き続き200件以下の水準で推移しており181件だった。6回以上悪用されたブランドは前月の78件から91件に増加。割合も43.8%から50.6%に増えている。

フィッシング攻撃を受けた国の割合は、米国の割合が7ポイント上昇して37%だった。イギリスが27%、南アフリカが15%で続いた。ブランド数の割合では、米国が46.5%、イギリスが18.5%だった。

フィッシングサイトのホスト国は、57%で米国が半数以上を占める状況が続いている。また10月は、前回3位だったカナダが5.5ポイント上昇し、12%で2位だった。3位には6%で韓国が続いている。

(Security NEXT - 2010/11/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

2020年4Qのインシデントは1割減 - マルウェアサイトは倍増
情報セキュ監査人が選定した2021年のセキュリティトレンド
フィッシング報告、2カ月連続で3万件超 - URL件数も高水準
口座連携決済サービスの約4割で不正出金 - 被害口座9割が単要素認証で連携
フィッシングが猛威 - キャンペーン上位10件は日本標的
サイバー攻撃の被害額、8割超が100万円未満 - 日本損保協会調査
11月のフィッシング報告、初の3万件台で過去最多 - 上位5ブランドで9割
フィッシングにパーソナライズの傾向 - 狙われるブランドは変わらず「MS」
10月のフィッシング報告、過去最高更新 - URLは約17%減
2020年2Qのフィッシング攻撃は35%減、国内ホストは32件 - RSA調査