Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ファイル読込パスの脆弱性に関する届け出が増加 - IPAが開発者に警告

情報処理推進機構(IPA)は、Windows向けに開発されたアプリケーションにおいて、不正なライブラリファイルや実行ファイルを読み込む脆弱性が多数見つかっているとしてソフトウェア開発者へ注意喚起を行った。

同機構への届け出が9月以降増加しており、JVNで脆弱性対策情報を公表したケースは13件に上っている。同様の脆弱性が存在するソフトウェアはこれだけに限らず、多数潜在している可能性があるとして、同機構は警鐘を鳴らしている。

脆弱性は、ライブラリや実行ファイルの読み込み先となるパスの実装方法に起因しており、マイクロソフトでは8月に注意喚起を目的としたアドバイザリを公表している。

(Security NEXT - 2010/11/11 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

NECの複数ルータ製品に脆弱性 - アップデートがリリース
Pepperl+FuchsやComtrolの制御機器に脆弱性 - ファームウェアの更新を
ルータなどで広く利用されるDNSに脆弱性「DNSpooq」が判明
「Chrome 88.0.4324.96」で36件のセキュ修正 - 深刻な脆弱性も
Oracle、「Java SE」の脆弱性1件を修正
「Java SE」のアップデートが公開、脆弱性8件を解消
Oracle、四半期ごと定例アップデートを公開 - 脆弱性202件に対応
小規模向けの一部Cisco製ルータに深刻な脆弱性 - 更新予定なく利用中止を
医療機関向けデータ管理システムの旧版に深刻な脆弱性
SonicWall製セキュリティアプライアンスに脆弱性