Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「PDFファイル」に潜む危険 - IPAに対してもゼロデイ攻撃

情報処理推進機構(IPA)は、「PDFファイル」が脆弱性攻撃に利用されているとして注意を呼びかけた。同機構に対しても、ゼロデイ攻撃が行われていたことを明らかにしている。

同機構によれば、9月上旬に届いたメールの添付ファイルに、当時未修整だった「Adobe Reader」の脆弱性を攻撃する「PDFファイル」が添付されていたという。

同機構が添付ファイルを解析したところ、ファイルを開くと、実在する国際会議の開催案内に関する文書が開き、一見問題がないようカモフラージュされているものの、背後で脆弱性を攻撃し、不正なコードが実行されてウイルスへ感染するよう細工されていた。

ウイルスへ感染した場合は、バックドアが作成され、ほかのウイルスへ多重感染させたり、情報を詐取できるようになっていたという。

(Security NEXT - 2010/11/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

MSP経由で不正アクセス、提供ソフトにゼロデイ脆弱性 - 三菱パワー
FireEyeの調査ツールが盗難、国家支援受ける攻撃者の手に - 対策ツールを公開
VMware複数製品の脆弱性、ロシア攻撃グループが悪用か - 米政府主張
標的型攻撃のレスキュー支援、2020年上半期は45件
さよなら「Adobe Flash Player」 - 2020年末でサポート終了
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
「Microsoft Edge」にアップデート - ゼロデイ脆弱性に対処
「macOS High Sierra」「Mojave」向けにアップデート - ゼロデイ脆弱性を修正
「Chrome」に2件のゼロデイ脆弱性 - 緊急更新を実施
「Chrome 86.0.4240.111」が公開 - 悪用済みのゼロデイ脆弱性を修正