Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ランキング下位に変動、1位は変わらず「INF/Autorun」 - ESETレポート

ワームが拡大した原因として、メールの流通量自体が多く、特に米国では大量に受信した大企業で、早い時期に感染被害が広まったことを挙げた。また、メールのリンクを安易にクリックするユーザーが依然として多いことも一因と指摘している。

同社が発表したマルウェアのトップ10は以下のとおり。

1位:INF/Autorun
2位:Win32/Conficker
3位:Win32/PSW.OnLineGames
4位:INF/Conficker
5位:Win32/Tifaut.C
6位:Win32/Sality
7位:HTML/ScrInject.B
8位:JS/TrojanClicker.Agent.NAZ
9位:Win32/Spy.Ursnif.A
10位:Win32/Injector.CVK

(Security NEXT - 2010/11/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

活用進む「AI」、攻撃者側より対策側に多くの恩恵との声も
国内で「Mirai」とは異なるボットネットの動きが加速
先週注目された記事(2024年4月21日〜2024年4月27日)
2024年1Q、フィッシングサイトが増加 - サイト改ざんやスキャン行為は減少
2024年1Qのセキュ相談、「サポート詐欺」「不正ログイン」が過去最多
セキュリティ相談、前四半期比46.9%増 - 「偽警告」が倍増
初期侵入から平均62分で横展開を開始 - わずか2分のケースも
サイバー攻撃で狙われ、悪用される「正規アカウント」
先週注目された記事(2024年3月17日〜2024年3月23日)
J-CSIP、2023年4Qは脅威情報15件を共有 - 巧妙なフィッシングの報告も