Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

会員の個人情報が電車内で盗難 - 東急スポーツオアシス

スポーツクラブを運営する東急スポーツオアシスは、従業員が10月13日に帰宅途中の電車内で盗難に遭い、会員の個人情報が保存されているUSBメモリを、鞄ごと持ち去られたと発表した。

盗難被害にあったUSBメモリには、同社本駒込店の会員に関する氏名や性別、生年月日のほか、会員番号や体成分の測定データなど3462件分の個人情報が保存されていたと見られている。

同社では、住所や電話番号など個人を特定しやすい情報が含まれていなかったとして、文書の送付は行わず、ウェブサイトで謝罪のアナウンスを行っている。

(Security NEXT - 2010/10/26 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

高齢者名簿が入ったリュックが電車内で置き引き被害 - 青梅市
高校教諭が生徒の個人情報含む教務手帳を一時紛失 - 東京都
PCとスマホ、網棚から鞄ごと盗まれる被害 - 日刊工業新聞
駅ホームで書類を落として飛散、一部未回収 - 北海道
マンション入居者の個人情報含む書類を紛失 - ユニオン・シティサービス
飲酒後に携帯電話を鞄ごと置き忘れ、翌日回収 - 都教育支援機構
海外出張先で個人情報含むPCが盗難被害 - 東京都立大
電車内で機密文書が盗難被害、その後回収 - 名古屋市美術館
番組関連映像含むHDDが盗難、電車内で置き引き被害 - 関テレ
番組映像素材を含むメディアを紛失、電車内で盗難か - 読売テレビ