Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話向けサービスで個人情報が閲覧可能に - ヤマト運輸

ヤマト運輸が携帯電話で提供している利用者向けサービスに脆弱性があり、関係ない顧客の個人情報が閲覧できる状態だったことがわかった。

脆弱性が明らかになったのは、スマートフォン向けに提供している「クロネコメンバーズのWebサービス」のクイックログイン機能。同機能によりIDやパスワードの入力せずにログインが可能だったが、特定のブラウザを利用することにより、関係ないほかの利用者としてログインできる状態だった。

同社によれば、今回の不具合により1人の顧客が、別の2人の顧客からログインされたことが判明しているという。

同社では10月19日にクイックログイン機能を停止。関連する顧客へ個別に対応した。またパスワード認証を追加し、25日よりサービスを再開している。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

市制施行70周年記念式典の申込フォームで設定ミス - 駒ヶ根市
高校生向け施設見学ツアーの申込フォームで設定ミス - 電通大
「ダイナースクラブ」加盟店でフォーム設定ミス - 個人情報が閲覧可能に
20周年記念事業の参加者宛メールで複数誤送信 - 太田市
フォーム権限の設定ミス、イベント参加者情報が閲覧可能に - 自動車技術会
講演会応募者に対する通知メールで送信ミス - 所沢商工会議所
「CTF for Girls」の申込者情報が閲覧可能に - フォーム設定ミスで
オーディション応募者の情報流出、対象範囲が拡大 - Brave group
テストメールを誤送信、メアドが受信者間に流出 - トヨタ子会社
監視システムに個人情報を誤保存、委託先から閲覧可能に - ファストリ