Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

携帯電話向けサービスで個人情報が閲覧可能に - ヤマト運輸

ヤマト運輸が携帯電話で提供している利用者向けサービスに脆弱性があり、関係ない顧客の個人情報が閲覧できる状態だったことがわかった。

脆弱性が明らかになったのは、スマートフォン向けに提供している「クロネコメンバーズのWebサービス」のクイックログイン機能。同機能によりIDやパスワードの入力せずにログインが可能だったが、特定のブラウザを利用することにより、関係ないほかの利用者としてログインできる状態だった。

同社によれば、今回の不具合により1人の顧客が、別の2人の顧客からログインされたことが判明しているという。

同社では10月19日にクイックログイン機能を停止。関連する顧客へ個別に対応した。またパスワード認証を追加し、25日よりサービスを再開している。

(Security NEXT - 2010/10/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

群馬県、特別児童扶養手当受給者名簿を誤送付 - 「PPAP」裏目に
メール送信ミスでセミナー参加者のメールアドレスが流出 - 神奈川県
講演案内メールでメアド流出、7回送信 - 照明学会
大阪府立高の緊急連絡受信メール、生徒からも閲覧可能に - 設定ミスで
総務省、「通信の秘密」漏洩でIIJに行政指導 - 2020年3月以降に6件
セミナー参加者のアンケート回答が閲覧可能に - 伊藤忠テクノ
委託先が研修案内メールを誤送信、メアド流出 - 鳥取県
東京武道館の予約案内メールを「CC」送信 - 東京都スポーツ文化事業団
一部商品購入者のメールアドレスが流出 - チーズケーキ専門店
児童館閉館知らせるメールで誤送信 - 来館対応重なり複数確認できず