Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ゲーム内のチャット誘導するフィッシング - トップページの「偽告知」まで用意

スクウェア・エニックスのオンラインゲームサイト「PlayOnline」を装ったフィッシング詐欺サイトが見つかった。すでにサイトは停止している。

今回確認されたのは、同サイトで提供されている「ファイナルファンタジーXI」の管理者になりすまし、「8周年の記念品を提供する」などと騙すメッセージをゲーム内でユーザーへ送信、不正サイトへ誘導してアカウント情報を入力させる手口。トレンドマイクロが確認した。

今回のフィッシング攻撃では、誘導時に不自然な日本語が利用されたり、アクセス先のページが英文であるなど不審な点があるものの、スタイルシートが正規サイトのものを利用するなどデザインが酷似しており、スクリプトファイルも正規サイトのものを呼び出しており、ソフトウェアキーボードが動作していたという。

さらに同一サーバ上には、アカウントの入力ページだけでなく、模倣した偽のトップページも設置されており、チャットで不正サイトへの誘導で利用された「記念品」の受け取り方法に関する告知を掲載するなど手が込んでいた。

トレンドマイクロでは、今後も同様の攻撃が発生する可能性があるとして、URLから正規サイトであるか確認し、誤ってアカウント情報を入力しないよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を