Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Amazonの注文確認メールに見せかけたフィッシングが頻発 - 米McAfeeが確認

米McAfeeは、大手通販サイト「Amazon」の利用者を対象としたフィッシング攻撃が頻発に発生しているとして注意を喚起した。

今回確認されたフィッシング攻撃は、同社の注文確認メールを偽装しており、注文を不審に思ったユーザーが、アカウントページや注文確認ページに見せかけたリンクを誤ってクリックすると、不正サイトへ誘導されるという。またメールアドレスが変更されたなどとして、サイトへのアクセスを促すフィッシングメールも同様に発生している。

McAfeeは、こうした攻撃についてウェブサイトの入力フォームなど見た目から不正サイトを判断することは難しいと指摘。ウェブサイトへアクセスする際は、メールに記載されたリンクをクリックするのではなく、ウェブサイトのURLなどを直接入力するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ドメインやホスティングが停止すると不安煽るフィッシングに警戒を
「りそな銀行」かたるフィッシング攻撃の報告が増加
国税庁装うフィッシング攻撃の報告が増加 - 滞納で差押えなどと不安煽る
「イオンカード」装うフィッシング - 利用明細や取引制限など偽装
フィッシング攻撃支援サブスクの関係者を一斉検挙 - 利用者は約1万人
「東京ガス」装うフィッシング - 「対応しないと供給停止」と不安煽る
水道局を装う偽メールに注意 - 「未払料金ある」と誘導
「電気料金未払い」と不安煽りクレカ情報だまし取るフィッシング
フィッシング攻撃で日本赤十字社のメアドになりすまし
JR西日本の会員サービスを装うフィッシング攻撃に注意