Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Amazonの注文確認メールに見せかけたフィッシングが頻発 - 米McAfeeが確認

米McAfeeは、大手通販サイト「Amazon」の利用者を対象としたフィッシング攻撃が頻発に発生しているとして注意を喚起した。

今回確認されたフィッシング攻撃は、同社の注文確認メールを偽装しており、注文を不審に思ったユーザーが、アカウントページや注文確認ページに見せかけたリンクを誤ってクリックすると、不正サイトへ誘導されるという。またメールアドレスが変更されたなどとして、サイトへのアクセスを促すフィッシングメールも同様に発生している。

McAfeeは、こうした攻撃についてウェブサイトの入力フォームなど見た目から不正サイトを判断することは難しいと指摘。ウェブサイトへアクセスする際は、メールに記載されたリンクをクリックするのではなく、ウェブサイトのURLなどを直接入力するよう注意を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/08/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を