Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

能力向上訓練の受講者名簿などが所在不明 - 都の職業能力開発センター

東京都立城東職業能力開発センター足立校において、能力向上訓練の受講者25人の個人情報が記載された名簿が所在不明になっている。

東京都産業労働局によれば、所在が不明になっているのは、能力向上訓練「データベース(Access)初級1」の受講者25人の氏名、住所、生年月日、勤務先などが記載された名簿。

7月12日18時に講習が始まり、途中の休憩時間中、職員が名簿を置いた机を離れた約10分ほどの間に所在がわからなくなり、周辺を捜索したが見つからなかった。

また同日20時ごろには、受講者の個人情報含む確認票1件の紛失も判明している。いずれも翌日あらためて捜索を行ったが発見できず、警察へ届け、対象となる受講者に説明と謝罪を行った。

(Security NEXT - 2010/07/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市
ATMの取引情報を記録したCD-Rを紛失 - 北都銀
個人情報含む国勢調査の関連書類を紛失 - 堺市
誤送付や紛失など個人情報の関連事故15件 - 大阪市
一部敬老行事対象者リストが所在不明 - 静岡市
国勢調査関連の世帯一覧を紛失 - 佐倉市
個人情報含むUSBメモリ紛失、車上に置いたまま発車 - 加須市
国勢調査関係書類が車上荒らしの被害に - 青森市
プレゼント応募者の個人情報含むUSBメモリが所在不明 - 関西テレビ
加工前映像含む記録媒体が放送センター内で所在不明に - NHK