Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

定期貯金の案内はがき119通を紛失 - JA塩尻市

塩尻市農業協同組合は、顧客情報が記載された定期貯金の期日案内はがき119件が所在不明になったと発表した。対策本部を設置して対応にあたっている。

紛失したのは、顧客へ定期貯金の期日を案内するはがき119通。氏名、住所、電話番号、口座番号、顧客番号、預金額、期日などが記載されている。

7月1日に保管場所からなくなっているのが判明。6月26日朝には複数の職員がはがきを確認しており、同日に実施した不要文書廃棄の際に誤って処分した可能性が高いとしている。

同JAでは対策本部を設置して対応にあたっており、対象となる顧客に対し個別に説明と謝罪を行っている。情報の外部流出や不正利用なども確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

メルアカに不正アクセス、スパム送信の踏み台に - グッドライフカンパニー
端末36台が「Emotet」感染 - 三協フロンテア
「ドコモ口座」の不正チャージ被害、ひとまず補償を完了
介護保険被保険者の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 播磨町
次世代セキュリティ製品の検知回避を狙う「Emotet」
2020年3Qの標的型攻撃メールは9件 - 不審メールの情報提供は15倍、大半「Emotet」
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
イエラエ、Orca製パブクラセキュ管理サービスを開始 - コンテナやサーバレスにも対応
郵便物差出票に個人情報含む用紙を再利用 - 大阪市
セキュリティ情報分析基盤「CURE」、自然言語による情報の関連付けにも対応 - NICT