Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

サイトトップページが改ざん、閲覧者にウイルス感染の可能性 - 太陽光発電協会

太陽光発電の普及促進活動を行う業界団体である太陽光発電協会は、ウェブサイトが改ざんされ、閲覧した場合ウイルスに感染する可能性があったことを明らかにした。

被害に遭ったのは、同協会サイトのトップページ。7月9日3時ごろから修正が完了した同日15時30分までの間に閲覧した場合、意図せず不正サイトに誘導され、ウイルスへ感染するおそれがあったという。

同協会が運営する「太陽光発電普及拡大センター」のサイトについては、別サーバで管理しているため影響はなかった。同協会では、今回の件を受けて期間中に対象ページを閲覧した利用者に対し、ウイルスチェックを行うよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/07/16 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

英政府、ロシアによる東京五輪狙うサイバー攻撃を非難 - 米司法省は関係者を6人を訴追
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か
東映ビデオの通販サイトで情報流出か - クレカ会社と見解に相違
プラセンタ販売サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
サロン向け通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
対AD攻撃や管理者アカウントの乗っ取りを検知するサービス
ネットショップに不正アクセス - ウェスティンホテル大阪