Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ウイルス対策機能搭載のコンシューマー向けセキュリティUSBメモリ - バッファロー

バッファローは、ウイルス対策機能を搭載したセキュリティUSBメモリ「RUF2-JVS」シリーズを、7月中旬より発売する。

同製品は、トレンドマイクロのウイルス検出ソフト「Trend Micro USB Security for Biz」を搭載したセキュリティUSBメモリ。パソコンへのインストールは不要で、内蔵された検出ソフトがメモリに書き込まれるデータを常時監視し、ウイルス検出時には警告を表示する。ウイルスの駆除機能は搭載していない。

パターンファイルは、インターネットに接続されたパソコンで使用することで自動更新される。このほか、データの保存やコピーを高速化するソフトなどを含めた「バッファローツールズ」を添付した。

容量は4Gバイト、8Gバイト、16Gバイトの3種。価格はオープンプライス。2年目以降は、「ライセンス購入パック」980円の別途購入が必要。

(Security NEXT - 2010/07/01 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
米政府、中国関与のサイバー攻撃で利用された脆弱性25件を公表
VMwareの複数製品に脆弱性 - CVSS基本値が「9.8」の脆弱性も
Adobe、10製品向けにセキュリティアップデートを公開
「vBulletin」の脆弱性狙う攻撃、8月から断続的に発生
IoT検索エンジン「Karma」にリスクの可視化機能
不正プロダクトキー販売、不正競争防止法違反で送検
サプライチェーンのセキュ対策評価サービスを提供 - ラックら
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「マンション・ラボ」に不正アクセス - 記事ページが改ざん被害