Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

取引先の個人情報など含む業務用携帯電話を新幹線に置き忘れ - 日本BD

医療機器や薬品の製造、販売を展開する日本ベクトン・ディッキンソンは、取引先担当者約300人の個人情報が登録された携帯電話を、従業員が紛失したと発表した。

紛失した携帯電話には、同社の代理店担当者約300人の名字、勤務先、勤務先電話番号、部署名、役職名などが登録されている可能性があるという。

6月4日、従業員が新幹線の車内に置き忘れたもので、翌日駅に問い合わせるとともに警察に届け出たが、見つかっていない。同社では、対象となる関係者を特定して個別に謝罪を行う。

(Security NEXT - 2010/06/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

電子マネー「BitCash」の利用者狙うフィッシング - 「残高凍結」と不安煽る
「FFmpeg」に脆弱性、悪意あるmp4ファイルでコード実行のおそれ
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
特定条件で他利用者の個人情報が閲覧可能に - トレカ通販サイト
教諭が試験問題を生徒に漏洩 - 金沢市の私立中
OLAP対応データストアの「Apache Pinot」に脆弱性
IPA、ビジネスメール詐欺対策の特設ページを開設 - 啓発チラシなども用意
診療情報を記録したデジカメを紛失 - さいたま市民医療センター
サイバー攻撃で社内システムに障害、影響や原因など調査 - システム開発会社
機密情報管理の「HashiCorp Vault」に脆弱性 - アップデートを