Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

SNSを悪用したスパム配信が活発化 - シマンテックスパムレポート

このほか、SNSにおいてユーザーのアカウントを盗んでなりすまし、スパム配信に利用するケースも発生。この場合、受信者は友人からのメールだと判断してメッセージの内容を信用しがちなため、特に危険だと指摘している。

また今回のレポートでは、2010年上半期のスパムの傾向をまとめている。広く流通したスパムは、「自然災害系スパム」「最新の事件とニュースのスパム」「ホリデースパム」「ソーシャルネットワークスパム」の4カテゴリーだった。スパムの割合も、昨年に引き続き90%前後の高い割合で推移した。

(Security NEXT - 2010/06/17 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

再度「Emotet」の感染被害が判明、4月以降4人 - 室蘭工業大
都、都内中小企業のセキュ対策経費に助成金 - VPNも対象
複数自治体が利用する自治体情報セキュリティクラウドで一時障害
都マンション管理状況届出システムに不正アクセス
教員私物PCが「Emotet」感染、不正メール送信の踏み台に - 愛媛大
防災局メルアカ乗っ取り被害、スパムの踏み台に - 新潟県
職員3人「Emotet」感染、認証情報窃取されスパム踏み台に - 室蘭工業大
防災システムへの不正アクセス、スパム約31万件が送信される - 新潟県
「WordPress」関連事故の背景に知識や予算の不足
Twitterが乗っ取り被害、DM履歴に顧客情報 - ホビー製作販売会社