Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPadのレビュアー募集」に見せかけたフィッシング攻撃 - 2500人が被害か

「Facebook」のイベントページで、「iPadのプレゼント」によりユーザーを誘引する大規模なフィッシング詐欺が発生した。BitDefenderによれば、2500人がこの偽キャンペーンへ登録したという。

問題のフィッシング攻撃では、Appleの人気端末「iPad」のレビュアーを募集するなどと説明。アンケートに回答するとレビューに用いた「iPad」を無償で提供するなどとして、個人情報を詐取していた。偽キャンペーンではロゴが無断で悪用されるなどマスメディアも被害に遭っている。

誘導先のサイトでは、氏名やメールアドレスのほか、住所、電話番号、Facebookのアカウント情報など個人情報の入力が求められるほか、さらに指示に従って操作するとアドウェアがインストールされるなど被害が拡大する。

「iPad」については、4月の発売直後に人気に便乗する詐欺メールの急増をMcAfeeが観測している。さらに5月には、当時未発表だった「iPhone 4」の無料プレゼントを装い、個人情報を入力させるスパムをSophosが確認していた。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「ほくせんカード」利用者を狙うフィッシング攻撃
東電EPを偽装、「クレカでポイント」とだますフィッシング
「ビューカード」のフィッシング、正規サイトと同じ2種類のIDに対応
フィッシング対策で「ドコモメール公式アカウント」を提供 - NTTドコモ
複数クレカブランドでフィッシング攻撃 - 本文でアクセス促さない「さりげない手口」も
「障害解消」の通知装うフィッシング - アカウント確認を口実に偽サイトへ誘導
フィッシングの注意喚起を装う「フィッシングメール」
カード会社装い「緊急のご連絡」と不安煽るフィッシング
「ウイルスバスター」のメインテナンス通知を装う偽メールに注意
「エポスカード」の利用者狙うフィッシング攻撃に注意を