Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「iPadのレビュアー募集」に見せかけたフィッシング攻撃 - 2500人が被害か

「Facebook」のイベントページで、「iPadのプレゼント」によりユーザーを誘引する大規模なフィッシング詐欺が発生した。BitDefenderによれば、2500人がこの偽キャンペーンへ登録したという。

問題のフィッシング攻撃では、Appleの人気端末「iPad」のレビュアーを募集するなどと説明。アンケートに回答するとレビューに用いた「iPad」を無償で提供するなどとして、個人情報を詐取していた。偽キャンペーンではロゴが無断で悪用されるなどマスメディアも被害に遭っている。

誘導先のサイトでは、氏名やメールアドレスのほか、住所、電話番号、Facebookのアカウント情報など個人情報の入力が求められるほか、さらに指示に従って操作するとアドウェアがインストールされるなど被害が拡大する。

「iPad」については、4月の発売直後に人気に便乗する詐欺メールの急増をMcAfeeが観測している。さらに5月には、当時未発表だった「iPhone 4」の無料プレゼントを装い、個人情報を入力させるスパムをSophosが確認していた。

(Security NEXT - 2010/06/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

緊急事態宣言の再発令に早くも便乗、「特別定額給付金」フィッシングに注意
「UCカード」利用者狙うフィッシング - 利用状況確認とだます手口
三越伊勢丹グループの「エムアイカード」装うフィッシングに注意
「特別定額給付金」フィッシング、実際に誘導されるケースも
「Xmasプレゼント」の偽キャンペーンに注意 - 知人のSNS投稿にも警戒を
道銀を装ったフィッシングに注意 - 金銭被害の報告も
三菱UFJ銀のネットバンク装うフィッシングに注意
「セディナビ」装うフィッシングに注意 - 「利用確認」を偽装
「三井住友カード」装うフィッシング攻撃の報告が増加中
オリコカード利用者狙ったフィッシング - 他カードの利用者も注意