Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

保険証コピーなど利用者の個人情報が所在不明に - 足立区の障害者施設

足立区立の障害者施設「谷在家福祉園」において、利用者12人の個人情報が所在不明になっていることがわかった。

紛失が明らかになったのは、利用者12人の健康保険証コピー、心身障害者医療費助成の受給者証コピー、施設で撮影した顔写真などを保管したファイル。同施設では、行事など外出時のためコピーを保管していたという。

4月22日に判明したもので、2009年10月に施設内のキャビネットに保管されているのが確認されて以降、外部に持ち出したことはないという。保険証などの不正利用についても確認されていない。

同施設を管理している社会福祉法人では、利用者およびその家族に対し説明と謝罪を進めている。また区では、施設に対し情報管理の徹底を指導した。

(Security NEXT - 2010/04/28 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

保険契約者の個人情報含む資料を紛失 - 日生グループの保険代理店
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
個人情報含むデジカメ紛失、文化財調査の移動中に - 府中市
個人情報を含む行政文書が所在不明に、文書移管時に判明 - 奈良県
4月から5月の個人情報関連ミスは9件 - 大阪市
シニア弁当宅配サービスで個人情報を紛失 - 自治体からの受託分も
民生委員の閲覧名簿が市庁舎内で所在不明に - 函館市
ワクチン接種会場で名簿紛失、被接種者の返却書類に - 名古屋市
通学バス委託先で児童の個人情報含むメモを紛失 - 大阪府
実習中の学生が個人情報含むUSBメモリを紛失 - 埼玉県大