Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Oracle、データベースやSun製品など47件の脆弱性へ対処

Oracleは、四半期ごとに提供している定例セキュリティアップデートを公開し、データベースやエンタープライズ向け製品に見つかった複数の深刻な脆弱性を解消した。

対象となるのは、「Oracle Database」や「Oracle Sun Product Suite」をはじめ、「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Collaboration Suite Beehive Collaboration Software」「Oracle E-Business Suite and Applications」「Oracle PeopleSoft Enterprise and JD Edwards EnterpriseOne」「Oracle Life Sciences Industry Suite」「Oracle Retail Industry Suite」「Oracle Communications Industry Suite」の9プロダクトグループ。

今回のアップデートでは累積した複数の問題を解消し、のべ47件に対応している。「Oracle Enterprise Manager」「Oracle Siebel Enterprise」などセキュリティとは関係ないアップデートも含まれるが、相互依存関係があるため適用する必要がある。

Oracle Critical Patch Update Advisory - April 2010
http://www.oracle.com/technology/deploy/security/critical-patch-updates/cpuapr2010.html

Oracle
http://www.oracle.com/

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

ネット利用者半数超、パスワード文字数「8文字以下で安全」
顧客向けの謝罪メールで誤送信 - 英製ヘアブラシ公式サイト
顧客向けメールで送信ミス、メアド流出 - フィンテック事業者
教育センターで生徒の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 新潟県
JPCERT/CC、インシデント報告などセキュリティ対策の協力者に感謝状
「パープルチーム」によるコンサルにも対応したペネトレサービス
「あなたもドコモ口座で被害」 - 警察装う詐欺電話に警戒を
「ドコモ口座」通じた不正出金、あらたに5件を確認
「Emotet」に感染、個人情報流出の可能性 - 群馬県社会福祉協議会
CODE BLUE、全講演者が決定 - 特別講演にAudrey Tang氏