Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

「Gumblar」による改ざんで閲覧者にウイルス感染のおそれ - 日本インターンシップ協会

教育機関と連携し、学生のインターンシップ制度を推進するNPO法人の日本インターンシップ協会は、サイトの一部ページが改ざんされ、閲覧者にウイルス感染の可能性があったことを明らかにした。

同協会のサイトを管理しているパソコンが「Gumblar」攻撃によりウイルスへ感染、FTPアカウントを盗まれたもので、同サイトのトップページが改ざん被害に遭った。

改ざんが発生したと見られる4月2日13時ごろから、サイトを一時閉鎖した6日17時ごろまでの間にトップページを閲覧した場合、ウイルスに感染する可能性がある。

同協会では、改ざんの修正やFTPパスワードの変更などを実施し、7日にサイトを再開。また、対象期間にアクセスした利用者に対し、ウイルスチェックを行うよう注意喚起を行っている。

(Security NEXT - 2010/04/14 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

VMwareのアクセス管理製品に深刻な脆弱性 - パッチは準備中
「ウイルスバスター for Mac」旧版に複数脆弱性
メルマガシステムに不正アクセス、顧客情報が流出 - 福岡のカレー店
Google、「Chrome 87」で33件のセキュリティに関する修正を実施
新型コロナ陽性者2515人の関連情報を誤掲載 - 川崎市
Androidアプリのセキュア設計ガイドに改訂版 - 「Android 11」に対応
「LINEスタンプ」クリエイターの個人情報が流出 - 設定ミスで
10月中旬よりWPプラグイン「File Manager」の探索行為が増加
暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出