Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修会案内メールの誤送信により関係者のアドレスが流出 - 栃木県

栃木県は、産業労働観光部国際課においてメールの誤送信が発生し、関係者280人の氏名とメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信されたのは、4月9日14時40分ごろ配信された「貿易実務研修会」の案内メール。送信時にミスがあり、送信先280件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送られた。

同課では、同日中に対象となる関係者に謝罪し、メールの削除を依頼した。また、緊急の対策会議を開催して再発防止策について検討したという。

(Security NEXT - 2010/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

暗号資産取引所「Liquid」、DNSが改ざん被害 - 本人確認用データなど流出か
「Peatix」に不正アクセス - 最大677万件の個人情報が流出
メール送信ミスで顧客メアド流出 - フード関連サービス事業者
ボランティア育成プログラム参加者宛のメールで誤送信 - 人と動物の共生センター
メール誤送信で大学祭グッズ申込者のメアド流出 - 上智短大
暗号資産取引所でドメインレジストラの登録内容が改ざん被害
サーバに不正アクセス、最大65万件の情報流出か - 東建コーポ
グラビアサイト利用者のクレカ情報が流出 - 小学館グループ会社
西都市のウェブサイトがランサム被害 - 個人情報流出の可能性
カプコン、ランサム被害を公表 - 個人情報最大36.4万件を窃取された可能性