Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

研修会案内メールの誤送信により関係者のアドレスが流出 - 栃木県

栃木県は、産業労働観光部国際課においてメールの誤送信が発生し、関係者280人の氏名とメールアドレスが流出したと発表した。

誤送信されたのは、4月9日14時40分ごろ配信された「貿易実務研修会」の案内メール。送信時にミスがあり、送信先280件の氏名とメールアドレスが表示された状態で送られた。

同課では、同日中に対象となる関係者に謝罪し、メールの削除を依頼した。また、緊急の対策会議を開催して再発防止策について検討したという。

(Security NEXT - 2010/04/13 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

認証連携APIに不正アクセス、DCの不審アカウントきっかけに判明 - 弥生
新型コロナ特例貸付の申請者情報を誤送信 - スキャンデータ取り違え
総務省のシステム情報が富士通から流出 - 過去ログ調査で判明
サイトの個人情報が不正削除、外部流出の可能性も - 中日新聞関連3紙
「ビズアップ総研オンラインショップ」に不正アクセス - クレカ情報が流出
益茂証券で個人情報流出の可能性 - サイト管理事業者が認証機能を誤って無効化
メールアドレス流出、自動PPAP機能に不具合 - 原子力規制委
生徒から回収した同窓会登録用紙が所在不明に - 大阪府立高
不正アクセスで会員情報が流出、ダークウェブに - 群馬県民会館
マラソン大会参加者への連絡でメアド流出 - 寒河江市