Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

店舗内の事務所で盗難発生、料金払込票が被害 - サークルKサンクス

サークルKサンクス近鉄八尾駅前店において盗難が発生し、顧客情報が記載された伝票の控えが被害に遭ったことがわかった。

持ち去られたのは、同店舗で2月25日22時35分から26日22時36分の間に取り扱った「料金収納払込票」の店舗控え349件。同店では26日23時にレジ精算金とともに店舗内の事務所にまとめて保管したが、従業員は店舗業務のため事務所を30分ほど離れた間になくなったという。

当初は、被害に遭ったのはレジ精算金のみと思われていたが、その後払込票もなくなっていることに気付き、あらためて警察に届け出た。払込票の種類により、氏名のみあるいは氏名および住所が記載されている。収納については正常に完了していると同社では説明している。

同社では、経済産業省や関連団体へ被害を報告し、対象となる顧客に説明と謝罪を進めている。また、紛失した情報の不正利用などは確認されていないとしている。

(Security NEXT - 2010/03/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

4郵便局で顧客情報含む書類の紛失が判明 - 日本郵便
教諭が入試応募者データを紛失、無断で設定変更して複製 - 東京都
タイムカプセルのメッセージを紛失、誤廃棄の可能性 - 網走市
個人情報記載の国勢調査書類を紛失 - 龍ケ崎市
中学校で答案用紙データ含む私物USBメモリが所在不明 - 長野市
「麻薬施用者免許」の申請書が所在不明に - 大阪府
個人情報の誤開示やメールの誤送信が発生 - 大阪府
国勢調査の「回答状況確認表」を紛失 - 世田谷区
個人情報含む国勢調査関係書類を紛失 - 堺市
交付前のマイナンバーカード2枚が所在不明に - 茂原市