Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.5.8」と「同3.0.18」が公開

Mozillaは、5件の脆弱性を解消した「Firefox 3.5.8」と「同3.0.18」の提供を開始した。

両バージョンでは、HTMLパーサやウェブワーカーの配列処理における不具合、メモリ破壊など重要度がもっとも高い「最高」の脆弱性3件を解消した。また重要度が3番目に高い「中」とする2件の脆弱性を解消した。

同団体では、1月に最新版「Firefox 3.6」を公開しているが、同バージョンではこれら脆弱性はすでに解消されている。

Mozilla Japan
http://mozilla.jp/

(Security NEXT - 2010/02/22 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

JSSECとSIOTP、6月にオンラインフォーラムを開催
「Mirai」国内感染ホスト、約半数がロジテック製ルータ
2021年1Qにダークネットで1187億パケットを観測 - NICT
欧州5拠点で同時多発的なランサム被害 - 東芝テック
メガネブランド「Zoff」のインターメスティックがランサム被害
「PHPMailer」に深刻な脆弱性 - 過去修正済みの脆弱性が再発
パスワード管理製品のmacOS版をリリース - カスペ
ファイル共有サービス「クリプト便」に「PCI DSS」対応オプション
CSCとグローム、医療業界向けセキュリティサービスで提携
水道管調査サイトで一般利用者に管理者IDを誤発行 - 神戸市