Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む書類を電話ボックスに置き忘れ、5日後に回収 - 香川県信組

香川県信用組合の職員が、顧客情報28件が記載された書類を電話ボックスに置き忘れて、一時紛失していたことがわかった。

一時紛失していたのは「定期積金管理票」41枚。2月3日14時ごろ、屋島支店の職員が業務中に立ち寄った高松市内の電話ボックス内に置き忘れたもので、その後拾得者より警察に届けられ、8日にすべて回収されたという。顧客28人の氏名、住所、自宅と勤務先の電話番号、職業、口座番号、掛け金、契約金額などが記載されていた。

同組合では回収後、対象となる顧客に対し説明と謝罪を行った。今回の紛失に関わる二次被害なども確認されていない。同組合では、拾得した人物へ感謝を伝えたいとして連絡がほしいと呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/18 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

府立高校で1クラスの出席簿を紛失 - 大阪府
教委職員が個人情報含むUSBメモリを一時紛失 - 大阪市
採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県