Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

VISA騙るフィッシングが発生、8日の時点で稼働中 - 問合せは70件超

フィッシング対策協議会は、クレジットカードブランド「VISA」を装ったフィッシング攻撃が発生しているとして注意を呼びかけている。

問題のメールは英文で書かれており、クレジットカードがナイジェリアのATMで不正利用されたとして対応を求めるもの。不正サイトへ誘導し、フォームより個人情報やカード情報を入力させようとする。

同協議会によれば、2月8日18時の時点で問題のサイトは稼働しており、JPCERTコーディネーションセンターへ閉鎖を依頼している。今回のフィッシング攻撃に関し、VISAへ45件、フィッシング対策協議会へ29件の問い合わせが寄せられているという。

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Vpass」アカウントやクレカ情報狙うフィッシングに注意
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
スマホプレゼントとだます偽OCNのフィッシングに注意
値引で誘導、「偽ポケモン通販サイト」にご用心
仮想通貨取引所「BTCBOX」を装うフィッシング攻撃に注意
警察庁装うフィッシング攻撃に注意 - SMSで偽サイトに誘導
「au」装うフィッシング攻撃に注意 - 「不正デバイスを検出」と不安煽る
「エポスカード」のフィッシング - 無関係の他社URL記載するミス
「不安の煽り」が弱い地味なフィッシングメールに注意
「メルカリ」を装うフィッシング攻撃 - 「出品取り下げ」などと不安煽る