Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

顧客情報含む携帯端末機や書類など紛失 - 奈良県の郵便局

奈良県の田原本郵便局の従業員が、顧客情報約1260件が保存された携帯端末のほか、集金予定リストなどの書類を紛失していたことがわかった。

従業員が担当する保険関係の顧客約1190人をはじめ、貯金関係の顧客約70人の氏名、住所、電話番号、保険証書番号、通帳番号などが含まれていた携帯端末を紛失したもの。さらにこのうち23人を対象とした集金予定リストや普通預金通帳1冊などの書類も所在不明となっている。

端末についてはロックされており、内部のデータが読み取られる可能性は低いと同社では説明している。また、情報の外部流出が推測されるような顧客からの問い合わせや、不正利用の事実などは確認されていないという。

(Security NEXT - 2010/02/08 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

採用応募書類など含むUSBメモリが所在不明に - 国立天文台
21店舗で顧客情報の紛失や誤廃棄が判明 - 福岡ひびき信金
修学旅行のテーマパーク内で県立高の生徒情報を紛失 - 埼玉県
庁内資料を持ち出して店舗で誤廃棄、職員を処分 - 川崎市
支店で本人確認書類が所在不明に - 北海道労金
組織の決裁なしに公文書施行、職員を懲戒免職 - 群馬県
授受の過程で介護保険関連書類が所在不明に - 川崎市
高等看護学院で試験の答案用紙が所在不明に - 埼玉県
政府受託調査で個人情報含むメディアなど紛失 - アジア航測
交付前のマイナンバーカードが所在不明に - 四街道市