Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

Twitterでメッセージを大量送信し謝罪 - UCC

UCC上島珈琲は、Twitterを利用したPR活動において、スパムメッセージの送信行為があったとして謝罪した。

同社によるPR企画「UCC Good Coffee Smile キャンペーン:コーヒーストーリーコーヒーアート作品募集!」の告知をユーザーの許可なく大量に送信していたもの。

同社は5日の午前中に、Twitter上で宣伝活動を開始したが、その際に「コーヒー」「懸賞」などのキーワードが入ったつぶやきを行ったユーザーに対し、プログラムを利用して自動で宣伝のメッセージを送付したが、プログラムを実行するボットが複数存在したことから、同一の文章を送り続ける状態となったという。

同社では問題に気がつき、同日12時に停止した。同社では今回の問題を受け、管理体制の徹底を図り、再発防止に全力を尽くすとしている。

UCC上島珈琲
http://www.ucc.co.jp/

(Security NEXT - 2010/02/05 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

8月公表の「Apache Struts 2」脆弱性、NVD評価は「クリティカル」
群馬特産物の通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
8割超のユーザーがパスワードを使い回し - 「忘れてしまう」「面倒」
脆弱性調査で個人情報が外部サービスに残存 - LINE
「McAfee Web Gateway」に権限昇格など深刻な脆弱性
ゲーム「原神」に監視プログラム、アンインストール後も動作 - チート対策と釈明、修正へ
「ドコモ口座」の被害申告、あらたに16件49万円
脅威ハンティングサービスを開始 - NTTデータ先技
新型コロナの注意喚起ページが改ざん被害 - 北大阪急行電鉄
仮想通貨取引所装うフィッシングサイト - 偽広告で誘導