Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

社会地質学会のウェブサイトが改ざん - 閲覧でウイルス感染のおそれ

地質汚染-医療地質-社会地質学会のサイトが、不正アクセスにより一時改ざんされた状態だったことがわかった。

「Gumblar亜種」などとも呼ばれている「JS_ONLOAD.SMF」が、同学会サイトの一部ページへ埋め込まれたもの。同学会のトップページをはじめ、日本語ページのトップページや環境地質学シンポジウム案内ページで改ざんが確認された。

改ざんされたページを閲覧すると不正サイトへ誘導され、ウイルスへ感染するおそれがあったとして、同学会では利用者へオンラインスキャンの実施を呼びかけている。

(Security NEXT - 2010/02/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

LEDライト通販サイトに不正アクセス - 個人情報流出の可能性
ワコムのネットショップで個人情報流出の可能性 - クレカ情報の窃取も
コスメ通販サイトに不正アクセス - 旧システムで被害
サイトが改ざん被害、送受信メールも流出の可能性 - システム開発会社
健食通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出し、悪用された可能性
印刷通販サイトに不正アクセス - クレカ情報など流出した可能性
アクセ通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 再開時は旧顧客リストを使用せず
業務用ユニフォームの通信販売サイトに不正アクセス
トヨタ子会社のバッテリーメーカーでサイトの改ざん被害
食肉通販サイトでクレカ情報流出の可能性 - 調査に約1年