Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

4年間で個人情報含む11台のノートPCが所在不明に - 三井生命

三井生命保険は、社内で営業支援に用いていたノートパソコン11台が、2004年から2008年にかけて所在不明になったと発表した。

同社が2009年12月に調査を実施したところ判明したもので、東京都、大阪府、千葉県において紛失が発生していた。あわせて7247人分の顧客に関する個人情報が保存されており、氏名や性別、生年月日、住所、電話番号、契約内容のほか、一部では病歴も記録されている。

同社では紛失したパソコンについて、未使用期間に応じて起動しなくなる機能や暗号化など対策など、複数のセキュリティ対策を実施していたとし、外部へ流出する可能性は低いと説明している。

同社では対象となる顧客に対して文書を通じて事情を説明、謝罪する方針。不正利用など二次被害の報告も受けていないという。

三井生命保険
http://www.mitsui-seimei.co.jp/

(Security NEXT - 2010/01/15 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「Cisco ISE」の脆弱性、順次パッチ提供 - リリース後は悪用コードが利用可能に
点訳ボランティア宛の案内メールで誤送信 - 堺市の指定管理者
広告業務の委託先で電子媒体を紛失 - 国交省
「配達できない」などとうそ - ヤマト運輸のフィッシングに注意
偽通販サイトの相談倍増 - 「大幅な値引き」に警戒を
2022年4Qのセキュ相談 - 「偽警告」「不正ログイン」関連が増加
狙われる顧客管理ツール「SugarCRM」の脆弱性 - 米政府も注意喚起
「スシロー」のAndroidアプリにパスワード漏洩のおそれ - アップデートを
都委託先でメール誤送信 - セミナー申込者のメアド流出
児童の遅刻欠席情報、職員間のメールを保護者に誤送信 - 八代市