Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリが校内で所在不明に - 東京障害者職業能力開発校

東京障害者職業能力開発校において、生徒や職員の個人情報含む資料などが保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

紛失したUSBメモリは、球技大会参加者の名簿や、校内で実施されたイベントに関するメモなどの資料を保存していたが、そのなかに生徒25人および職員2人の姓が含まれる。都の説明によれば、USBメモリには、パスワードが設定されていたという。

12月10日16時50分ごろ、USBメモリを使用した職員が自席の引き出しに保管。14日に再び使おうとした際、なくなっていることに気がついた。校内や自宅など捜索したが見つからず、16日に警察へ遺失届を提出。対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

児童情報含むUSBメモリを紛失、匿名で届く - 大阪市
小学校で児童個人票など紛失、判明から約8カ月後に報告 - 川崎市
約10年前の紛失個人情報、11回にわたり匿名で届く - 北海道
ポプラ、料金収納払込票を紛失 - 拾得者「公園のゴミ箱に捨てた」
約700件の自動車重量税納付書が所在不明 - 国交省
コロナ患者の個人情報が風に飛ばされ紛失 - 神奈川県
飲酒後帰宅途中に眠り込み児童相談の個人情報を紛失 - 東京都
肺がん検診受診者の検針票や撮影画像が所在不明に - 相模原市
個人情報記載の宛名シールを紛失 - Z会
入試関連の個人情報含むUSBメモリを紛失 - 立教大