Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

生徒の個人情報含むUSBメモリが校内で所在不明に - 東京障害者職業能力開発校

東京障害者職業能力開発校において、生徒や職員の個人情報含む資料などが保存されたUSBメモリが所在不明になっている。

紛失したUSBメモリは、球技大会参加者の名簿や、校内で実施されたイベントに関するメモなどの資料を保存していたが、そのなかに生徒25人および職員2人の姓が含まれる。都の説明によれば、USBメモリには、パスワードが設定されていたという。

12月10日16時50分ごろ、USBメモリを使用した職員が自席の引き出しに保管。14日に再び使おうとした際、なくなっていることに気がついた。校内や自宅など捜索したが見つからず、16日に警察へ遺失届を提出。対象となる生徒の保護者に説明と謝罪を行っている。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

生活保護受給者関連の書類が強風で飛散して紛失 - 墨田区
個人情報含む労働力調査関係書類を紛失 - 群馬県
個人情報含む手帳や職員の証票を紛失 - 都児童相談所
高校で生徒の個人情報含む教務手帳を紛失 - 岐阜県
コンテスト入賞作品を撤収中に紛失、その後返還 - 鳥取県
行政文書ファイル1冊が所在不明、匿名通報で発覚 - 関東財務局
相続相談会の関連帳票が所在不明に - 大阪司法書士会
組合員情報含むUSBメモリを紛失、データは暗号化 - 建設連合国保組合
一部マイナンバーカードを紛失、フォルダごと誤廃棄か - 鹿児島市
戸籍謄本などパスポート発給申請書類を紛失 - パスポートセンター久留米支所