Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

自転車購入者の個人情報含む書類が所在不明に - 都内のホームセンター

ホームセンターを展開するカインズは、都内の店舗において自転車購入者150人の個人情報が記載された台帳が所在不明になっていると発表した。

カインズホーム昭島店において、自転車の販売管理台帳を紛失したもの。同書類は販売時に発行する「自転車盗難補償制度加入証」の台帳も兼ねている。外部への流出や二次被害などの報告は確認されていないという。

記載されていたのは、2009年7月25日から8月10日の間、同店舗で自転車を購入した150人分の氏名、住所、電話番号、性別、年齢などで、購入した自転車の色、サイズ、警察防犯登録ナンバーなども記載されている。

(Security NEXT - 2009/12/21 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

JetBrainsの「TeamCity」深刻な脆弱性 - 詳細も公開、早急に対処を
メールを「CC」送信、講演会申込者のメアド流出 - 薩摩川内市
画像管理サーバがランサム被害、救急や一般外来受入に影響 - 国分生協病院
2月修正のWindows脆弱性、北朝鮮グループがゼロデイ攻撃に悪用
Rapid7が「TeamCity」脆弱性の詳細を公開 - 報告側と修正側で意識に差
発覚2カ月前にもマルウェア実行の痕跡、情報流出は否定 - こころネット
アジア地域の若年層向けCTF大会「ACSC 2024」が3月下旬に開催
バックアッププラグイン「WPvivid」の旧版に深刻な脆弱性
案内メールに顧客リストを誤添付して送信 - 写真販売サービス会社
高校教諭がサポート詐欺被害、私用PC内に個人情報 - 広島県