Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

窓口取引約12万件の情報を記録したフロッピーが所在不明に - 神戸の郵便局

神戸市内の郵便局において、窓口端末機の取引内容約12万1000件が記録されたフロッピーディスクの紛失が、10月に判明していたことがわかった。

所在が不明になっているのは、2002年7月24日から2005年5月9日まで阪神御影駅前郵便局の窓口で扱った取引内容を記録したフロッピーディスク40枚。

約12万1000件の顧客情報が記録されており、含まれる情報は取引種類により異なるが、氏名や住所、口座番号、保険証番号、取引金額などが保存されていた。

10月13日に判明したもので、局内で廃棄した可能性が高く、情報は暗号化されていることから、外部に流出するおそれは低いと同社では説明している。また、紛失した情報に関わる問い合わせなども発生していないという。

(Security NEXT - 2009/12/04 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

サイバー攻撃可視化プラットフォーム「NIRVANA改」がIPv6対応
カステラ通販サイトに不正アクセス - クレカ情報流出の可能性
AOSデータ、ドローンのフォレンジックサービスを開始
小学校で児童個票が所在不明に - 名古屋市
経産省の中小企業支援サイトで個人情報が閲覧可能に
違反取締計画が流出、複数SNSに投稿 - NEXCO西日本
巧妙化するランサム攻撃、被害の多くが「VPN機器」脆弱性に起因
支援学校で生徒の一部教育支援計画が所在不明に - 大阪府
ランドブレインのランサム被害、総務省3事業でも個人情報流出の可能性
メールアカウントに不正アクセス、情報流出の可能性も - デンヨー