Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

ジェイルブレイク「iPhone」に感染する初ワーム - F-secureが発見

F-secureは、Appleの人気端末「iPhone」を対象としたワーム「ikee」を発見したことを明らかにした。

同社研究機関のmikko hypponen氏がブログで伝えたもの。問題のワームは、ユーザーがiPhoneの制限を非公式に解除した「ジェイルブレイク」や「脱獄」と呼ばれる状態で、ルートのログインパスワードは変更していない端末に感染する。

ワームへ感染するとiPhoneの壁紙が、歌手のリックアストリーさんの写真になり、「ikeeは決してあなたを諦めない」というメッセージが表示される。ワームは、IPを検索して感染先のiPhoneを探しだして感染を広げる機能を持ち、現在はオーストラリアを中心に拡大しているという。

さらに作者は、4種類の亜種についてソースコードを公開していることから、F-secureではより悪質な亜種が登場する可能性に懸念を示している。

(Security NEXT - 2009/11/09 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

一部顧客情報が流出、委託先の中継サーバで窃取 - ホテルサンルート台北
「ウイルスバスター」新版、モバイル版で詐欺対策を強化
「ダイヤモンド・プリンセス」運営会社から情報流出 - 2019年中ごろに発生
偽画面にだまされ、個人情報流出の可能性 - 東京防災救急協会
「ウイルスバスター」に新版 - リスト非依存の不正サイト判別機能を追加
法人向けウイルスバスターに後継製品、インシデント対応機能を統合
エフセキュア、セキュリティゲートウェイに新版 - HTTPS検査に対応
マカフィー、個人向け製品に新版 - パフォーマンス向上や家族向け機能
「ウイルスバスタークラウド」に新版 - 悪性JSファイルの検出強化
「NOD32」発売から15周年、記念パッケージをリリース