Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

フィッシングの届け出数が前月の2倍に - フィッシング対策協議会

フィッシング対策協議会は、2009年10月に発生したフィッシング詐欺の届出状況を取りまとめ、公表した。

海外含むフィッシングの届出件数は20件。30件を越えてピークを迎えた2009年初頭に比べれば少ないものの、前回調査の9月から10件から大きく増加している。またURL数についても同様に10件増えて19件だった。ブランド名を悪用された企業は5件。

同協議会では、アカウント情報の更新を促すフィッシングメールの報告が増えていると指摘して注意を促すとともに、不審なメールを受け取ったら同協議会まで届けるよう呼びかけている。

(Security NEXT - 2009/11/02 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

「サイバーセキュリティ」認知度5割届かず - 3割弱が対策未実施
ネットバンク不正送金被害が8月下旬より急増 - わずか2カ月で上半期上回る勢い
フィッシングサイトの8割強がクレカブランドを標的に
フィッシングサイトのURLが過去最多を更新 - 同一IPアドレス上に大量設置
フィッシング悪用ブランド、「au」が世界2位 - 「Emotet」国内活動は7割減
フィッシングサイトの多いブランド、「au」がグローバルで6位に
J-CSIPへの情報提供が約2.6倍に - 過去の受信メールにも注意を
フィッシングURL、1カ月で約4.9万件 - 報告は10万件を突破
フィッシングサイトの約4割が「三菱UFJニコス」を悪用 - 偽NHKにも注意
2Qのインシデント、前期比約1.3倍に - フィッシングやスキャン行為が増加