Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

端末とデータ変換ソフトをセットにした「電子ペーパーソリューション」を発売 - ハイパーギア

ハイパーギアは、電子文書の閲覧専用端末とデータ変換ソフトをセットにした「HGSEALEDリーダーセキュア電子文書ソリューション」を発表した。12月下旬に発売を予定している。

同ソリューションは、社内の電子文書や紙文書を、閲覧用の端末「HGSEALEDリーダー」で利用可能にする製品。パソコン上の監視フォルダへ変換したい文書を入れるだけで、自動的に変換できる。

特定の端末でのみで閲覧できるよう文書を変換することが可能。端末にもパスワードを設定することができる。価格は、端末2台と変換ソフト1式のスターターキットが9万9750円。追加の端末が1台4万1790円。

091030hg.jpg
端末の重量は180グラム。

(Security NEXT - 2009/10/30 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

関連リンク

PR

関連記事

ウェブアプリや周辺インフラにも対応する脆弱性診断サービス
「JSAC2022」を2022年1月に開催、2日間に拡大 - CFPもスタート
「vCenter Server」脆弱性、実証コード公開済み - 5月28日ごろより探索も
2017年に不正アクセス、日本語脅迫メール届き情報流出が発覚 - ユピテル
「Adobe Acrobat/Reader」に深刻な脆弱性 - アップデートがリリース
複数のOSSメッセージブローカーにサービス拒否の脆弱性
サーバやPCがランサム被害、多くの稼働機器に痕跡 - 油脂など扱う商社
公演中止の案内メールでメールアドレスが流出 - 掛川市文化財団
「Chrome 91.0.4472.101」が公開 - ゼロデイ脆弱性に対応
欧州子会社5社のランサム被害、2社では情報流出なし - 東芝テック