Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

売上金盗難でクレジットカード売上票が被害 - JR名古屋駅内のレストラン

JR名古屋駅構内のイタリアンレストラン「MACCARONI」において盗難事件が発生し、クレジットカード売上票16件が被害に遭ったことがわかった。

同日23時30分ごろ、同店舗において売上金の盗難事件が発生し、現金などとともにクレジットカード売上票が持ち去られたもの。被害に遭ったのは10月9日に取り扱った16件で、カード利用者の署名、カード会社略称、下3桁を除くカード番号、取引金額などが記載されていた。

JR名古屋駅内の施設を管理する名古屋ステーション開発では被害届を提出。カード会社へカードの不正利用について防止するよう対応を求めたという。

(Security NEXT - 2009/10/23 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

宮城労働局で相談事案ファイルを一時紛失 - 廃棄準備中に盗難か
番組関連映像含むHDDが盗難、電車内で置き引き被害 - 関テレ
番組映像素材を含むメディアを紛失、電車内で盗難か - 読売テレビ
複合施設の関連PCが電車内で盗難被害 - 横浜市
個人情報含むUSBメモリの紛失で職員を懲戒処分 - むつ市
患者情報入りUSBメモリが院内で所在不明に - 量研機構運営病院
教員が帰宅途中に盗難被害、学生情報を盗まれる - 昭和女子大
前年に廃棄したつもりの労災事故書類、公園で見つかる - 宮城労働局
検定試験の解答用紙を紛失 - 中国語検定協会
医師の患者情報入り私物PCが盗難、過去勤務先のデータも - 広島大病院