Security NEXTでは、最新の情報セキュリティに関するニュースを日刊でお届けしています。

メール誤送信でサイト登録者のアドレスが流出 - 滋賀の人材派遣会社

人材派遣業やタウン誌の発行を手がけるビイサイドプランニングは、同社が運営するウェブサイトの登録者にメールを配信した際、操作ミスによりアドレスが流出したと発表した。

誤送信が発生したのは、同社が運営するウェブサイト「vivical滋賀」の登録者297人へ送られた、サイトリニューアルのお知らせメール。9月11日17時6分に配信した際、送信先のアドレスを誤って宛先へ入力したため、受信者同士でメールアドレスが確認できる状態となった。アドレス以外の個人情報は含まれないという。

誤送信判明後、同日19時過ぎに対象となる登録者に報告と謝罪を行い、誤送信メールの削除を依頼した。同社では、サイト上に謝罪を掲載するとともに、スパムメールやフィッシングメールを受信した場合の対策について説明するなどの対応を行っている。

(Security NEXT - 2009/09/25 ) このエントリーをはてなブックマークに追加

PR

関連記事

受託研修事業の受講者メールアドレスが流出 - 中部大
なりすましメールでEmotet感染、情報流出 - 防犯カメラメーカー
ソースコードに利用者のメールアドレス - ウェブ本棚サービス
無関係の取引先情報含むこと気づかずファイルを誤送信 - 日本郵便子会社
就職相談予約した学生情報が閲覧可能に - 九大
ハウスクリーニングのマッチングサイトに不正アクセス
エポック社の通販ショップで個人情報が流出 - メールプログラムに不具合
問合メールが流出、製品開発の委託先で - クオリティア
「Emotet」に感染、送受信メールが流出した可能性 - 京セラ
青学通販サイトに不正アクセス - クレカ情報のほか会員情報なども被害か